すみだ行革110番大瀬康介が墨田区の行政問題や不正を行う墨田区議会議員らを報道する墨田オンブズマン(すみだ行革110番)サイトトップページへ移動

すみだ行革110番大瀬康介が墨田区の行政問題や不正を行う墨田区議会議員らを報道する墨田オンブズマン(すみだ行革110番)サイトのサイトマップページへ移動

すみだ行革110番大瀬康介が墨田区の行政問題や不正を行う墨田区議会議員らを報道する墨田オンブズマン(すみだ行革110番)サイトのメールフォームへ移動・

墨田区北十間川不法係留問題|すみだ行革110番大瀬康介が墨田区の行政問題や不正を行う墨田区議会議員らを報道する墨田オンブズマン(すみだ行革110番)オフィシャルサイト。墨田区政の裏を暴き行政改革を推進する墨田区オンブズマンサイト

トップページ > 墨田区等の問題 > 墨田区北十間川不法係留問題 > 行政の怠慢により生み出される不法係留の実態
東京都墨田区の行政の怠慢により生み出される北十間川不法係留の実態
北十間川違法係留
北十間川の係留許可面積はごく僅かに小型漁船1隻分しか無いはずなのだが、左の写真をご覧下さい。
この状態が長年に渡り放置されており大瀬康介はすでに10年以上行政に問題を指摘している。
違法行為がビジネス化しているにも関わらず、行政は見て見ぬふりを続けているのだ。
北十間川の年間占用料
平成18年度 161,376円 (1ヶ月13,448円)
平成16年度 72,336円 (1ヶ月6,028円)
平成15年度 72,336円 (1ヶ月6,028円)
平成14年度 92,736円 (1ヶ月7,728円)
平成13年度 92,736円 (1ヶ月7,728円)
平成12年度 92,736円 (1ヶ月7,728円)
←左の表がこの業者が北十間川に係留している船の年間占用料だ。
【占用許可面積】
40平方メートル + 桟橋8平方メートル = 合計48平方メートル

この周辺の自動車用駐車場料金は、1台3,2000円。
48平方メートルなら9台分で288,000円もかかるはずなのだが。

さらに驚いた事に!
占用許可面積48平方メートルから超えている不法係留船については、違法なので占用料を徴収していないと役所は言う。
北十間川係留許可申請船の一覧
↓下記の表はこの業者が厚かましくも申請した船の一覧だ。赤字の船は係留許可面積に収まらない不法係留船である。
第十誠丸 【違法】 33トン 全長20.90m 全幅3.83m プラスチック 定員45名 遊魚船
誠丸 【違法】 32トン 全長15.16m 全幅5.39m プラスチック 定員99名 旅客船
第十あみ清丸 4.87トン 全長11.98m 全幅2.31m プラスチック 定員29名 遊魚船
第十六朋丸 【違法】 27トン 全長15.8m 全幅4.99m プラスチック 定員95名 遊魚船
第十七誠丸 【違法】 29トン 全長15.36m 全幅5.0m プラスチック 定員99名 遊魚船
第十八美奈丸 【違法】 19トン 全長11.99m 全幅4.72m プラスチック 定員85名 遊魚船
裕誠丸 【違法】 19トン 全長11.7m 全幅4.41m プラスチック 定員99名 遊魚船
誠朋丸 【違法】 19トン 全長13.16m 全幅4.71m プラスチック 定員78名 遊魚船
美朋丸 【違法】 19トン 全長11.91m 全幅4.38m プラスチック 定員78名 遊魚船
あみ清2号 【違法】 19トン 全長11.95m 全幅3.78m プラスチック 定員34名 遊魚船
あみせい10号 【違法】 19トン 全長11.25m 全幅4.56m プラスチック 定員63名 遊魚船
第一誠丸 【違法】 19トン 全長11.95m 全幅4.47m プラスチック 定員73名 遊魚船
誠丸7号 【違法】 18トン 全長11.91m 全幅4.58m プラスチック 定員78名 遊魚船
豊丸 【違法】 16トン 全長11.98m 全幅3.46m プラスチック 定員35名 遊魚船
鈴木丸 【違法】 14トン 全長11.95m 全幅3.44m プラスチック 定員27名 遊魚船
第二もみじ丸 【違法】 12.95トン 全長11.99m 全幅3.13m プラスチック 定員43名 遊魚船
第七あみ清丸 4.9トン 全長11.98m 全幅2.97m プラスチック 定員31名 遊魚船
朋丸 【違法】 19トン 全長11.91m 全幅5.32m プラスチック 定員85名 遊魚船
美奈丸 【違法】 19トン 全長11.97m 全幅5.22m プラスチック 定員85名 小型兼用船
第一あみ清丸 8.96トン 全長11.75m 全幅3.03m プラスチック 定員30名 遊魚船
あみ清9号 【違法】 14トン 全長11.98m 全幅3.46m プラスチック 定員37名 遊魚船

なんとこの業者1社だけで22隻の船を40平方メートル内に係留すると申請しています。
船の大きさから計算すると、8トンを超える船は1隻だけでも占用許可面積を超えてしまうのに。
公共河川に勝手に建物建築
北十間川違法係留
北十間川の枕橋付近、護岸の堤防上に建てられた小屋。
これは河川管理者の許可無く勝手に建設され河川法第26条に違反している。
墨田区及び東京都に対して大瀬康介はこうした現状を改善する為に繰り返し改善要望を提出している。
その結果、河川占用の違法性を明確にする為に下記のような警告書が張られる事になったが、業者はこれも無視しているのが現状だ。
北十間川違法係留
北十間川の違法行為の実態をどう思いますか
ここまで悪質な業者に公共河川を使わせて良いのだろうか。
また同族企業で1隻1億円と言われる船が多数あり、違法な利権を手にした金持ちが「船を廃棄する金がない」と言ったり「係留施設を税金で作れ」などと言っている。
最近では会社を分割し責任逃れや遺産隠しをしようと言う動きすら見られるのだ。

呆れた業者と、違法だらけの申請書を受理する役所。
墨田区の役人は何故こんな業者に係留許可を更新させるのか?
毎年適正な係留をするよう行政指導を受け念書を取っているのに。(念書の意味がない!)
許可基準を満たしていないものは受理しないのが一般社会の常識です。
私たち庶民には「書類の不備がある」などとうるさいのに何故だろう。
管理者である東京都や墨田区がきちんと対処してくれなければ、
このツケは税負担となって私達に降りかかってくるのだ!
すみだ行革110番大瀬康介が墨田区の行政問題や不正を行う墨田区議会議員らを報道する墨田オンブズマン(すみだ行革110番)オフィシャルサイトのページ最上へ移動
Copyright(c) 2010 墨田オンブズマン(すみだ行革110番) All Right Reserved.