すみだ行革110番大瀬康介が墨田区の行政問題や不正を行う墨田区議会議員らを報道する墨田オンブズマン(すみだ行革110番)サイトトップページへ移動

すみだ行革110番大瀬康介が墨田区の行政問題や不正を行う墨田区議会議員らを報道する墨田オンブズマン(すみだ行革110番)サイトのサイトマップページへ移動

すみだ行革110番大瀬康介が墨田区の行政問題や不正を行う墨田区議会議員らを報道する墨田オンブズマン(すみだ行革110番)サイトのメールフォームへ移動・

墨田区北十間川不法係留問題|すみだ行革110番大瀬康介が墨田区の行政問題や不正を行う墨田区議会議員らを報道する墨田オンブズマン(すみだ行革110番)オフィシャルサイト。墨田区政の裏を暴き行政改革を推進する墨田区オンブズマンサイト

トップページ > 墨田区等の問題 > 墨田区北十間川不法係留問題 > 不法係留業者の新たな利権獲得への動き
不法係留業者の新たな利権獲得への動き
情報公開で明らかになったのですが、この業者は新たな独占的利権を手に入れようとまたしても強欲な要望をしている。
北十間川違法係留
要望その1:日本橋川への屋形船乗り入れ
要望その2:東京から千葉への運行範囲拡大
要望その3:水上タクシー。
要望その4:東区雷門乗船口12隻の水面使用に大幅拡大
要望その5:墨田区乗船口10隻の水面使用へ20倍の拡大
要望その6:有明、東雲乗船口15隻の水面使用を新たに要求
要望その7:都有地2000坪を使わせて欲しい
さらに公共事業に違法業者の船が使われる驚きの事態
北十間川違法係留
なんと公共事業に不法係留業者の船が!

2006年3月10日撮影
工事名:水門管理システム改修工事(その4)
発注者:東京都江東区治水事務所水門管理課


住民説明では工事用船舶による作業を実施することになっているが、この船は遊魚船兼旅客船であり目的外使用で危険な上違法である。
施工業者の説明では、この船のレンタル料は1日70,000円。
契約は1週間単位との事だ。

河川を汚し法律を守れない業者のこれ以上の公共河川の私物化は許せない。
私たち墨田区民の申請書に厳しく特定の業者に甘い様な墨田区政で、公平な行政が行われる筈がありません。

東京都とこうした業者との馴れ合いが好ましくないのは誰が見ても明らかである。
火災旋風の危険性
北十間川にの火災旋風の危険性
隅田公園は広域避難場所に指定されており、北十間川はその避難路である。
屋形船は危険なプラスチック製で多量の燃料を積んでいる。
そんな屋形船が北十間川の水面を覆う状態で災害が起こったらどうなるだろうか。
プラスチック製の船が有毒ガスを発し炎上、水面との温度差から火災旋風が発生し多くの犠牲者が出るという事は歴史が証明している。
さらには地震や津波で不法係留船が水門を破壊、墨田区北東部が水浸しになる恐れも考えられる。
果たして、このような災害が起こらないと誰が断言できるだろうか。
すみだ行革110番大瀬康介が墨田区の行政問題や不正を行う墨田区議会議員らを報道する墨田オンブズマン(すみだ行革110番)オフィシャルサイトのページ最上へ移動
Copyright(c) 2010 墨田オンブズマン(すみだ行革110番) All Right Reserved.