すみだ行革110番大瀬康介が墨田区の行政問題や不正を行う墨田区議会議員らを報道する墨田オンブズマン(すみだ行革110番)サイトトップページへ移動

すみだ行革110番大瀬康介が墨田区の行政問題や不正を行う墨田区議会議員らを報道する墨田オンブズマン(すみだ行革110番)サイトのサイトマップページへ移動

すみだ行革110番大瀬康介が墨田区の行政問題や不正を行う墨田区議会議員らを報道する墨田オンブズマン(すみだ行革110番)サイトのメールフォームへ移動・

墨田区北十間川不法係留問題|すみだ行革110番大瀬康介が墨田区の行政問題や不正を行う墨田区議会議員らを報道する墨田オンブズマン(すみだ行革110番)オフィシャルサイト。墨田区政の裏を暴き行政改革を推進する墨田区オンブズマンサイト

トップページ > 墨田区等の問題 > 墨田区北十間川不法係留問題
墨田区の北十間川不法係留とは
現在も北十間川に係留してある屋形船。
とある業者の船だが、それが違法だと言う事は意外と知られていない。
あれだけ堂々と係留してあるからきちんと許可を取っていると思われがちだが、実は違法な上に問題が山積みなのだ。
北十間川の付近は歴史的に関東大震災、東京大空襲で火災旋風が発生し数万人の犠牲者を出している地域です。
それにも関わらずプラスチック製で多量の燃料を積んだ屋形船が違法に係留してあるというのは問題だ。
墨田区の北十間川不法係留でボロ儲け
北十間川違法係留
北十間川の好立地場所の大部分を違法に占拠し、一部の業者だけが濡れ手に粟の構造。
隅田川花火大会だけでも膨大な利益を生んでいる。
つまり不法係留で船の保管場所の費用が掛からない為、丸儲けの利権構造が出来上がっているのだ。
ちなみに、実際に許可を得ている部分は約40平方メートルで、係留できるのは長さ6m未満の小型船だけである。

↓この問題について下記の各ページで詳しく報道しています。

すみだ行革110番大瀬康介が墨田区の行政問題や不正を行う墨田区議会議員らを報道する墨田オンブズマン(すみだ行革110番)オフィシャルサイトのページ最上へ移動
Copyright(c) 2010 墨田オンブズマン(すみだ行革110番) All Right Reserved.